本文へ移動
マクロビオティックについて
ABOUT MACROBIOTIC
マクロビオティック
マクロビオティック
マクロビオティックとは、MACRO(大きい・長い)、BIO(生命)、TIQUE(術・学)の3つの言葉を合わせたもので、古代ギリシャ語の「マクロビオス」を語源とし、「長く思いっきり生きるための理論と方法」という意味をもちます。
そして、そのためには「大きな視野で生命(いのち)を見ること」が必要となります。
健康の根源を支えるものは、人と生き物と環境のバランスを保つことです。毎日の正しい生活と食事から、ストレスの緩和と栄養のバランスを整え、健康を維持し体質を改善します。
昨今、昔ながらの日本の食生活を見直す食事方法としても注目を集めています。

マクロビオティックの実践

基本=「食」

基本=「食」
マクロビオティック実践の基本は、まず「食」です。
動物性のもの、特に肉はあまり食べず、無農薬・自然農法の穀物や野菜を中心とした食事をとります。野菜は原則として、その土地・その季節にとれるものを食べるようにします。おかずを食べすぎないで、食事の半分はごはんなど穀類にすることも大切なポイントです。
肉類の他に、大型の魚や卵、乳製品、砂糖も控えるようにします。

マクロビオティックの三大理念

マクロビオティックの三大理念
■身土不二(しんどふじ)…土地柄と季節に合った食べ物を食べる
身体と環境(土)は切り離せない(不二)という意味です。
人が健康に暮らしていくには、その土地、その季節にあった食べ物をとることが大切という考え方です。
 
■一物全体(いちぶつぜんたい)…皮つき・根つきで食べる
その言葉通り、一つの物を丸ごと全体を食べる、という意味です。
野菜なら皮、根、種も含め丸ごと食べましょうということです。
 
■陰陽調和(いんようちょうわ)
東洋の伝統的な世界観で、食べ物にあてはめて考えると、体を締めるものは陽性で、緩めるものは陰性、体を温めるものは陽性で、冷やすものは陰性、といったような分け方をします。
暑い季節には陰性の食べ物、寒い季節には陽性の食べ物が向くなど、陰陽のバランス、調和が大切という考え方です。

マクロビオティックの祖=日本人、桜沢如一(さくらざわ ゆきかず)。

現代のマクロビオティックの祖は日本人、桜沢如一(海外ではジョージ・オーサワとして知られる)です。
彼は日本の食養法と中国の易の陰陽論、そして現代科学とを明解に結びつけ、その思想と実践方法の普及に努めました。
マクロビオティックの原則は、そんなにたくさんありません。けれども、食事や健康についてだけでなく、森羅万象に応用することができます。近年、医療の問題とあいまってクローズアップされてきた、「ホリスティック(包括的)」な生命観とも合致しています。とても易しいけれど、奥の深い教えです。

マクロビオティックを始めてみませんか?

マクロビオティック
難しい理屈はともかく、「食生活を変えたいな」と思っているところだったら、まずはマクロビオティックを実践してみましょう。

マクロビオティックで得られる効果

身体的側面
  • 健康を維持し、体力を強化することができる。
  • 美肌をつくる。健康的にダイエットできる。
  • よく眠れるようになる。
  • 体質改善ができる。(便通、にきび・吹き出物、冷え症、体臭など)
  • よい体質を子どもに残すことができる。
  • 成人病を防ぎ、老化現象を和らげる。
    (糖尿病や癌になる確率が下がる。血圧が正常になる。血行がよくなるなど)
精神的側面
  • 気持ちが明るくなり、ストレスが少なくなる。
  • 精神が強くなり、生きていく気力が高まる。
  • 頭が冴え、判断力が向上し、さまざまな問題に対処しやすくなる。
  • 生活習慣が改善され、運がよくなる。
  • 人間関係が円滑になる。
社会的側面
  • 自然な農業や土地を守ることにより、エコロジーに役立つ。
ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
〒870-0126 大分県大分市横尾4266
(明野東4丁目交差点)パークプレイスから、
高城、明野方面へ1km
TEL:097-529-6886
■営業時間:10:00~19:00(月曜定休)
お問い合わせメールフォーム
鶴亀
〒870-0126
大分県大分市横尾4266
TEL.097-529-6886
携帯番号.090-9565-9879
  • 自然食品店
  • 日本CI協会 マクロビオティック クッキングスクールリマ 大分校

TOPへ戻る